パンプス 大きいサイズ

パンプス 大きいサイズ

パンプスも大きいサイズ、モデルサイズを専門にしたショップも増えてきました。普通の小売店では、取り扱いの少ない25.0cm以上の大きいサイズのパンプスを中心に販売を展開しているお店もあるほどです。さらには、インターネットで探せば結構たくさん見つかるものです。それくらい、大きいサイズのパンプスを履く女性が増えてきたということでしょう。

ところでパンプスといいますが、単に踵の高い靴をパンプスだと思っていませんか。
パンプスには明確な基準があって、バックストラップやベルトなどの留め具が付いているものはパンプスとは呼ばないそうですよ。さらには、ちっともパンプスとは思えないカッターシューズは、ローヒールパンプスという正式名でパンプスなのだそうです。

自分に合った大きいサイズのパンプスを買ったはずなのに、履いていてずれるということあったなら、サイズが適切でなかった可能性が大です。
でも、靴箱の肥やしにするのは早いですよ。中敷でサイズの微調整をしましょう。
コツとしては、靴と足のどの部分に一番空間ができているかをチェックします。
甲高で幅広の人は、薄めのパンプス用中敷で調整してみましょう。甲高で幅広の人が厚めの中敷を入れると、指や甲が当たってしまい、今度は違う部分に靴擦れを作ってしまうこともあるからです。パンプスが全体的に大きいと感じる場合でも薄めのものから試してみるのが良いようですよ。
踵やくるぶしに当たってしまう場合には、ゲル状のクッションシールや滑り止めを使うと改善します。

大きいサイズのパンプスだからといっても楽にオーダーメイドで無い限り、快適に履くにはワイズを合わせましょう。甲の部分を覆う面積がデザインによって異なるので、フィットさせるためには重要ポイント。
脚の先端から踵までの長さをcm単位で計測してサイズを合わせ、甲の部分にフィットしているかどうかワイズ合わせをしましょう。

また、パンプスの形によっては、踝やアキレス腱などにカウンター部分が当たることがあります。だから、カウンターの高さもサイズと一緒に確認することを忘れないように。

最近のパンプスには、脚がスラリと長く見えるような美脚効果を高めるようにデザインされたものもあります。パンツやスカートなど組み合わせるアイテムを考えてより素敵に見えるヒールの高さを選びましょう。
さらにパンプスには、外反母趾予防や改善など機能性重視のタイプも出ていますので、悩みがある方は、素敵にパンプスを履きながら改善できるようなデザインを選らべると良いですね。

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://conf.arrow.jp/mtos4.38/mt-tb.cgi/7
FXブログ FX@外為比較