大きいサイズの服・ファッション

最新情報

大きいサイズ スーツ

スーツには、普段会社で着るようなスーツの他に、冠婚葬祭、入学・卒業式等の学校行事で着るスーツ、またカジュアルスーツ等がありますね。

大きいサイズのスーツ選びのポイントは、フォーマル、カジュアルに限らず、デザインがシンプルなものを選ぶこと。大柄のデザインやフリルやレースがふんだんに使われているものは引き付けられますが、大きいサイズの人が着ると却って身体の大きさを強調してしまし、最悪の場合太って見える可能性も大です。

シンプルと地味なデザインとは、ニュアンスがちょっと違うけれど、地味ぽいスーツじゃ楽しくないと思っている方でも大丈夫。アクセサリーや小物アイテムで工夫しましょう。
デザインがシンプルな分、アクセサリー等は映えるので華やかさが増します。

スーツデザインでは、シンプル、小柄のデザインしか選択できなかった大きいサイズの方でも、ネックレスなら大きなものがベストです。大きなネックレスは重心を高く見せてスレンダーな印象を与えます。ブローチやコサージュなどは高い位置につけると、重心が高くなるので、大きなネックレスと同様の効果があります。

大きなサイズのスーツをポイントを押えて着こなせると、大きなサイズだけにスッキリボディの印象が大きくなって素敵度がアップしますので、スーツでお洒落が楽しくなりますよ。

大きいサイズ 服

大きいサイズの服というと、あまりお洒落でないような響きがあります。普段着ぽぃ、ゆるゆる服イメージで、大きいサイズがゆえに「シックでない」、「可愛く着こなせないのでは」と思い込みがちです。

でも、大きいサイズの服でも、最近では大きいサイズの人をターゲットにデザインされたものも多く、探せば大きいサイズの服でも結構素敵な服がたくさんありますよ。

着こなしの点からいうと、大きいサイズの服だからといっても、女性の場合大きい身体がさらに大きく見えてはマイナスですよね。スッキリ見せるためには、身体の線が細く見えるようなラインの服を選らんだほうが良いです。つまり、大きいサイズの服は、トップでもボトムでも、ボリュームのないデザインがグッドです。

大きいサイズの服でトップだと、大柄な模様のないスッキリしたデザインの縦ラインを意識したほうが良いです。丈は腰骨よりも若干短いぐらいがベスト。長すぎると上半身が長く見えてさらに大きいサイズを強調してしまいます。

大きいサイズの服のボトムだと、パンツならセンタープレスの入ったものが縦ライン強調します。ブーツカットかストレートタイプを選びましょう。
スカートでは、裾に向かって緩やかに広がるA型ライン(台形)のスカート。長さは膝下丈が大きいサイズの方にはベストです。ウエスト部分にタックがないスッキリしたデザインを選びましょう。

大きいサイズ janjamcollection

大きいサイズのお洋服やアイテムは、大手通販会社でも取扱っているところは多く、お洒落なデザインも品揃えも豊富になってきました。

もっと進んでいるのは、janjamcollectionのような通販サイト。大きいサイズを専門に取扱っているのです。大きいサイズの服を通販で買いたいけれど、サイトが多すぎで迷うし、いざショップサイトに入っても選ぶのに一苦労で面倒なことって多いのではないでしょうか。

大きいサイズを選ぶなら、最初からjanjamcollectionで選んだ方が、時間の節約にもなるし、大きいサイズオンリーなので、サイズをあれこれと探す必要もありません。
それにjanjamcollectionは大きいサイズのためにコーディネイトされているので、大きいサイズの人が可愛く、スマートに着こなせるようなデザインばかりなのです。

Janjamcollectionには、5Lまでの大きいサイズが揃っています。アウター、ワンピ、インナー、ボトムスといったお洋服だけでなく、バッグやサンダル、パンプスなどのアイテムもかなり充実しています。コーディネイト例もたくさんあってとても参考になりますよ。
大きいサイズの売れ筋ランキングも流行から遅れないためには要チェックですね。

Janjamcollectionでは、時どき一部の製品、もしくは全品送料無料キャンペーンを行うので、その時を狙って素敵な大きなサイズをお得に手に入れると良いと思います。

通販で大きいサイズ、迷ったらjanjamcollectionのサイトへ直行してみましょう。

パンプス 大きいサイズ

パンプスも大きいサイズ、モデルサイズを専門にしたショップも増えてきました。普通の小売店では、取り扱いの少ない25.0cm以上の大きいサイズのパンプスを中心に販売を展開しているお店もあるほどです。さらには、インターネットで探せば結構たくさん見つかるものです。それくらい、大きいサイズのパンプスを履く女性が増えてきたということでしょう。

ところでパンプスといいますが、単に踵の高い靴をパンプスだと思っていませんか。
パンプスには明確な基準があって、バックストラップやベルトなどの留め具が付いているものはパンプスとは呼ばないそうですよ。さらには、ちっともパンプスとは思えないカッターシューズは、ローヒールパンプスという正式名でパンプスなのだそうです。

自分に合った大きいサイズのパンプスを買ったはずなのに、履いていてずれるということあったなら、サイズが適切でなかった可能性が大です。
でも、靴箱の肥やしにするのは早いですよ。中敷でサイズの微調整をしましょう。
コツとしては、靴と足のどの部分に一番空間ができているかをチェックします。
甲高で幅広の人は、薄めのパンプス用中敷で調整してみましょう。甲高で幅広の人が厚めの中敷を入れると、指や甲が当たってしまい、今度は違う部分に靴擦れを作ってしまうこともあるからです。パンプスが全体的に大きいと感じる場合でも薄めのものから試してみるのが良いようですよ。
踵やくるぶしに当たってしまう場合には、ゲル状のクッションシールや滑り止めを使うと改善します。

大きいサイズのパンプスだからといっても楽にオーダーメイドで無い限り、快適に履くにはワイズを合わせましょう。甲の部分を覆う面積がデザインによって異なるので、フィットさせるためには重要ポイント。
脚の先端から踵までの長さをcm単位で計測してサイズを合わせ、甲の部分にフィットしているかどうかワイズ合わせをしましょう。

また、パンプスの形によっては、踝やアキレス腱などにカウンター部分が当たることがあります。だから、カウンターの高さもサイズと一緒に確認することを忘れないように。

最近のパンプスには、脚がスラリと長く見えるような美脚効果を高めるようにデザインされたものもあります。パンツやスカートなど組み合わせるアイテムを考えてより素敵に見えるヒールの高さを選びましょう。
さらにパンプスには、外反母趾予防や改善など機能性重視のタイプも出ていますので、悩みがある方は、素敵にパンプスを履きながら改善できるようなデザインを選らべると良いですね。

大きいサイズ 靴

普通の人より大きいサイズの靴を履いてますというと、男性はともかく女性はちょっと恥ずかし! それに大きいサイズの靴というとあまりエレガントや、可愛らしい感じの靴がない!と思っていませんか。 
でも、そんな時代は終わったのです。今は、大きいサイズの靴でも革靴、パンプスからスリッパに至るまで素敵なデザインも多く、大きいサイズ幅も豊富に揃っています。

女性の場合25cm以上、男性の場合28cm以上だと、大きいサイズの靴だといわれます。
そして、女性だと「モデルサイズ」、男性だと「ビッグサイズ」などと呼ばれています。なんか素敵ですね。

デパートの女性用靴売り場ではモデルサイズコーナーが設けられていることが多く、大きいサイズの靴専門店なども増えています。
また、一般的な靴屋で取扱っていない場合は、メーカーからのお取り寄せできることもあります。メーカー既製靴だと取扱っていない(製造していない)大きいサイズのこともありますが、通販やインターネットを利用することで選択の幅が広がります。

ちょっと靴に関する知識ですが、靴は右足用と左足用がセットになって販売されているのが普通です。でも、大きいサイズの靴に限らず、実は左右で足の大きさが同じという人はほとんどいないといわれています。利き足(ききあし)の方が大きいのが一般的だそうですよ。「どおりで!」と思った方も多いと思います。

そんな場合、靴を選ぶときは大きいサイズの足、一般的には右足に合わせて靴を選びましょう。そして、調節は中敷で行ないます。中敷には部分用と全体用、薄めと厚めがあるので、高さや幅が良くても長さが余る…という方は、部分用を使いましょう。
また、カットできる中敷もあるので探してみてくださいね。フィットした靴で快適ライフをおくるために、中敷を丁寧に調節するのは時間の無駄ではないと思います。

サカゼン メンズファッション

サカゼンといえば、今ではメンズファッションで結構名が知れています。
人気タレントのホンジャマカ石塚さんがメインキャラで、親近感もあり、大きいサイズのメンズのブランド的存在にになっていますね。

サカゼンを大きいサイズで有名にしたのは、石塚さんではなくて実はお相撲さん。とは言っても現役の相撲取りではなくて親方の方。 元横綱の朝青龍がモンゴルに帰って大騒ぎになっていたとき、朝青龍の説得に出向いた高砂親方が会見時に着用していたシャツのお陰なのです。

あのシャツがメンズファッションのサカゼンのものだったのです。よっぽど一目を引くシャツだったらしく、サカゼンに問合せが殺到したというから驚きです。サカゼンはもともと大きいサイズのメンズファションを専門に取扱っていたのですけど、客層はマイナーだったようです。
それが親方のコスプレ風シャツで、一気に知名度が大幅アップしたというわけです。それも大きいサイズのサカゼンとして。

あのシャツはパイロットの制服をモデルにしたものだそう。親方のキャラもあってか、本気でシャツが欲しいのかは分かりませんが、サカゼンも問合せに笑いが止まらなかったようで、「朝潮シャツ」として再発売を決定したそうです。

日本人男性も大柄な方が増えたので、サカゼンのように大きいサイズに特化したメンズファッションのお店はとても便利です。話題が多くなればただの太っちょではない、ダンディなビッグサイズの男性が街にもっとふえることでしょうね。

大きいサイズ ワンピース

大きいサイズのワンピースというと、普段着ぽぃ、ゆったりした感じ、悪くいえばおばちゃんぽぃ感じをイメージしてしまうことがありませんか。
でも、大きいサイズのワンピースでも、最近では大きいサイズの人用にデザインされたものも多く出ていて、選び方次第で大きいサイズの人があらゆる場面でお洒落を満喫できるんですよ。

さて、ワンピースは、大きいサイズが太っちょに見せないためのとても良いアイテムです。
何故って、ワンピースはトップとボトムに統一感があるので、比較的全体を縦方向に見せることができるからです。つまり、着方によってはスッキリ・スレンダーな女性を演出できるのです。

大きなサイズのワンピースを選ぶときは、濃茶や黒などのダークカラーにし、小さめの柄デザインにしたほうが身体が引き締まって見えます。大きな柄や明るい色だと膨張してみえるからです。

オススメのラインは、トップもボトムもすっきりタイトなI 型ラインタイプです。また、トップのボリュームを抑え、ボトムにきれいなAラインが広がるA型ラインのタイプも良いです。また、無地のワンピースの場合は、布の端をバイヤステープや他の布でくるみ、装飾的に始末されたパイピングが縦に入っているものが良いです。

ワンピースのスカート丈は膝下丈がベスト。膝が見えると脚がの太さが、ロング丈だと、下半身が強調されます。また、ふくらはぎ丈だと、大きいサイズがかえって目だってしまうのでご注意!

大きいサイズのワンピースは、色はダーク、柄はちいさめ、ラインは縦を基本に選びましょう。大きいサイズのワンピースを素敵に着こなして、毎日をエンジョイしましょう。

大きいサイズ 通販

街のお店で自分の気に入った大きいサイズの服や小物が見つからなければ、通販を利用するのもひとつの方法ですよね。最近の通販には、大きいサイズをターゲットにしてアイテムを揃えたところがたくさんありますので、選びやすくなりました。

さて、通販で大きいサイズが気軽に買えるといっても試着できないので、目で確かめる普通のお店よりちょっぴりリスクは大きいです。大きいサイズのアイテムを通販で買うときに失敗しないコツを考えていきましょう。

先ず、通販では試着ができないので、サイズが細かく表記してあるショップの方が失敗が少なく選択がラクです。また、大きなサイズが豊富にあることも大切です。

さらに、自分のサイズをしっかり把握しておいたほうが良いです。大まかなものは、身幅、着丈、股下、総丈、わたり幅。手持のジャストフイットした服のサイズを調べて、それを参考によく吟味してから判断しましょう。
また、服布地のアップ写真が載っていることも必要です。起毛や織りの違いで、肌触りや見た感じが全然違いますからね。

通販のサイトやパンフレットに載っているモデルさんの着用例は、コーディネイトの参考にはなっても、品質が良いのか、服のカットが良いとかの点では全く参考にならないと思います。イメージだけだと、特に大きいサイズだと一般的な大きいサイズのモデルさんを採用しているわけではないので、ハズレの可能性は大きいかもしれません。

最近の通販では、ショップによってお客様都合でも返送料無料のところもあるので、利用しやすくなりました。返品の手間は面倒ですけど、気にいった服を選ぶためたら少しの我慢ですみます。
それに、通販のほうが街のショップよりサイズ展開が多様で、よいですよね。慣れると、通販の方が良いもの買えると思います。通販も試行錯誤しながら、自分に合ったお店に出会えるのかもしれません。
あなたに合った大きいサイズの通販ショップが見つかりますように

大きいサイズ レディース

大きいサイズのレディースの悩みは、ピタTや靴下を選ぶとき。
猫のイラストが「象」になってる!なんて冗談を言われたこともある人もいるようです。

大きいサイズのレディースを探している人にとって、「大きいサイズだと可愛い服って少ない」とか「デザインは良いのに小さすぎるのばっかり」なんて感じることが多くありますよね。

だからといって、ピタTを買うとき例えば大きいサイズLLのふくよかな女性がMやSを選んで代用しようとしてもちょっと無理があります。
猫のイラストはブタやゾウに変身しなくても、脇や腕、ウエストあたりがきつかったり、太目の方だとお腹が強調されれてしまう心配もありえます。別のサイズでジャストフイットを選ぶのは難しいのです。

でも、ちょっと頑張って探せは、今は大きいサイズのレディースに特化した結構素敵なものがたくさんあるんですよ。
大きいサイズのレディースに特化しているので、ピタTはピタTらしく、脇をしめつけられることもなく、太ってみえることもなく、可愛く着こなすことができる作りになっているのです。

ジャストフイットの大きいサイズのレディースを揃えているお店は、ただ大きいサイズの人用に製品を並べているのではなく、着やせして見えるようなデザイン物を販売したり、コーディネイトで太って見えないような工夫を提案しているところも多いです。
レディースの大きいサイズで悩むのは、もう昔の話。デパートやスーパでは大きいサイズコーナーを設置しているところがあるし、街には大きいサイズを求めるヤングから高齢者向けレディース専門店も簡単にみつかります。

忙しい方や出不精のあなたには、ネット検索すればシンプルなデザインものからブランド物までを扱うお店を簡単に見つけることができます。お気に入りの大きいサイズ・レディースを取扱う通販サイトを見つけておくとラクです。ふくよかな方、大柄な方、素敵な大きいサイズで魅力度もLL以上のサイズでいきましょう!

大きいサイズ ドレス

女性で11号、13号、15号サイズというと、少し大きいサイズをイメージする人が多いですよね。
11号、13号、15号サイズのドレスでは、デブなんだと思い込むのは早計ですよ。日本では大きいサイズでも、外国ではモデルさんのサイズなのです。モデルさんが11~15号なのですから、それ以上の大きいサイズでも一般的です。日本人も西洋人並みに体格が良くなってきました。大柄な女性に向けて、大きいサイズでもデザインの可愛いドレスやトレンディなドレスがたくさんあります。ちょっとしたコツをつかんで、自分に似合うデザインの大きいサイズのドレスを素敵に着こなしましょう。

<大きいサイズのドレスの着こなし方のコツ>
(1)ジャストサイズのドレスを選びましょう。
ドレスを着たときに両脇をほんの少しつまめる位のゆとりがあるのが、ジャストサイズのドレス。
ジャストサイズだと着心地もよく、大きいサイズでもウェストやバストラインがとてもキレイに見えます。スラリとしたドレスラインを活かすと、スタイルも良く見えるので自信が持てます。

(2)カッティングの良いドレスを選びましょう。
カッティングが良くないドレスだと、実際の体型より違い太って見えます。
ドレスを試着して違って太って見えたら、カッティングがよくありません。大きいサイズだからって、せっかくのドレスで着太りしてしまっては意味がありません。ドレスのカッティング・デザインにはこだわりましょう。

(3)レースを活かしたドレスを選びましょう。
高級ブランドや素材にこだわったデザインのドレス・レースは、繊細さや透明感があります。
ジャストサイズで、カッティングがマッチしたドレスに、豪華さや可愛らしさのあるレースデザインが加われば、あなたの魅力は数倍もアップします。レースのあるジャストフィットの大きいサイズのドレスにめぐりあったら、レースの間からも肌を見せるようにしましょう。ドレスと一体となって華やかさが増します。

FXブログ FX@外為比較